この夏見た綺麗なものたち(スイス・ルツェルン編)

おととい久々の仕事を終えて、その夜は寝たいだけ寝ようと決め込んだところ、まさかの13時間寝・・・こんなに長く寝られたなんて、まだ若い(!?)なんて勘違いしながらも、これで時差ぼけリセット!と思いきや、今度は夜が全く寝られない・・・。本でも読もうと、スイスの余韻に浸りながら2回目のチャップリン自叙伝"My Autobiography"を読み始めたのはいいけど、気がつけば朝の7時・・・。あぁ、完全に時差ぼけ継続中・・・。そして夕方4時過ぎまで寝てしまうという失態。明日からの仕事が本当に怖い。

 

でも身体がまだ向こうの時間で動いてることが少し嬉しくもあったりして。日本であまり感じることのない、心からリラックスした感覚、なるべく長く覚えていたいから。スイスは、もしかしたら私が行った国(多分16カ国くらい)の中で、一番印象的な国だった。私も、一緒に行ってくれた大学の後輩、さゆきちゃんとさゆきちゃんのお母様(訳あって面白いメンバーに・・・おかげで何倍も楽しくなりました!)も同じ違いに気がついて、この国の豊かさって、物質的にはもちろんなんだけど、それ以上に、精神的な豊かさだよねと3人で感心してしまう。会う人会う人笑顔があってフレンドリーで、仕事がしっかりできて、知的で落ち着いているうえにユーモアも持ち合わせている。イライラしている人がいなくて、子どもや犬まで、騒がしさというものがない(子どもを追いかける親を一人も見かけなかった!)。街の中には自然な音が満ちていて、人が歩く音、車が進む音、ささやかな話し声、ボートの汽笛、水のせせらぎ、カフェを楽しむ人達の食器のカチャカチャ、本をめくる音・・・。携帯を意味なく取り出すこともなければ、テーブルの上に置いておくことすらしない(しているのは私達観光客だけ)。その場にいる人との会話を何時間も楽しみ、ウェイターやウェイトレスと冗談をかわし、知らない隣人にまで声をかけておしゃべりする。もちろん私が見たのはほんの3日のごく一部で、もっと色んな側面があるのは承知のもと(その後フランス人から見たスイスの別の印象を聞き、それもまたそうなんだろうとは思いながらも)、それでも何かが決定的に違う・・・ああそうだ、これって、私が子どもの頃憧れていた、本当の大人の世界!こういう大人になりたかったんだ私、って、海外のスナップ写真が載った雑誌を眺めながら想像していた子どものころを思い出して、それが実在したスイスという国を益々知りたくなった。

 

Though I was in Switzerland only for three days in this trip, there was a lot to learn from this country and the people. My friend, Sayuki and her mother (who joined my Swiss part of the trip!) and I were greatly inspired by how the Swiss people are so matured in their behaviors, in the way of talking and in their working attitudes, and how even children and dogs can behave so well! I know there's a lot other aspects that I'll find if I stay longer, but there was something definitely different from other countries I've ever visited (about 16 as I remember), and for that reason it became the most impressive country so far. 

 

I came to this country because there was Mr. Al Krauer, a retiree whom I came to know in Reno, America when I lived there as a collage student. He was always so willing to help other people, and assisted many international (especially us, Japanese) students by taking us to grocery shoppings, inviting us for dinner and calling for care, etc. Anytime I asked, he made himself available and good at never making me feel guilty of asking too much, by saying that it's his joy to help others and he meant it. Always having good sense of humor and even when I wasn't happy, he didn't ask too much but cheered me up with good food and good jokes. I was always amazed at his attitude and made me wonder how he can be that way, and it naturally made me want to be a person like him (though still a far-away goal!). 

 

By coming to Switzerland, I kind of knew why he's that way, because he's a Swiss! Though I know that's a parcial thing, I felt there was something in common in many Swiss people, that they are a lot more relaxed, sophisticated, well-educated, respectful to others, enjoying life, etc… I really want to know about this country better...

 

UPDATES

 

12.9. 現在(~25日まで)iichiオンラインショップにて、10%offキャンペーン中です!

また、Creemaでも出店を始めました。Check out my Creema online shop!

 

6.22. 夏のワークショップの情報アップしました。Updated on a summer workshop! Home

 

3.12. 展示会情報アップしています。posted info on coming Exhibition! CHECK

 

1. 1. 一部リニューアルしました!

Renewed the site!