Hanae Tanazawa

artist / graphic designer

棚澤英恵 1982年3月17日愛知県生まれ。 4歳から山梨県山中湖村で育つ。 米国留学2年目の200220歳のとき、兼ねてから興味のあったアフリカ(ガーナ共和国)への留学プログラムに参加。 10ヶ月の滞在中に絵を描き始める。 その後アメリカに戻り、専攻をアート(ドローイング)に変更し、2005年春、ネバダ州立大学リノ校を卒業、帰国。

個展やインターナショナルスクールでアート指導を行う。2020年、『クサボケちゃん』(みらいパブリッシング)で絵本作家デビュー。2021年Tanazawa Hanae DESIGNを開業。現在横浜市金沢区在住。

 

 

Born on March 17th, 1982 in Aichi Pref., Japan. Later moved to Yamanakako, Yamanashi Pref., where she spent much of her childhood. At age 19 she started studying abroad in University of Nevada, Reno (UNR). In 2002 she joined a study abroad program in Ghana for 10 months and there started drawing. Graduating UNR as an art student and returned to Japan in 2005. After experiencing solo exhibitions and teaching, she started her graphic design/illustration office: Tanazawa Hanae DESIGN in 2021 and resides in Yokohama-city. 

 

 

 


20歳頃、ガーナにて。 At a beach in Ghana, around age 20.
20歳頃、ガーナにて。 At a beach in Ghana, around age 20.

It all started with a single flower which I drew on my notebook during a language class. 

 

Being so bored about the lecture, I thought about making doodling on my notebook, which was an unexpected thought for someone who'd been a serious student for her lifetime. The little action was so thrilling and fulfilling, that I went back to my room on that evening and started another page of doodling, not knowing it'd change the course of my life... I was 20 then.

 

It's been 14 years now and I'm still making drawings. Every time a new work comes out, it's the same kind of thrill and excitement as I had experienced at the very first doodling on my notebook.

Nothing else seem as fascinating as drawing, so I'm pretty sure to say that I'll keep making art for the rest of my life. 

始まりは小さな花でした。 授業中にノートの隅にいたずら書きをするなんて、長年真面目な学生で過ごして来た私には唐突な衝動でした。 先生に見られないように・・・ 丸に付け足された線が戻ってきて一つの花びらになって、 花びらの数が増えていって・・・ そのボールペン描きの花が少しずつ大きくなるにつれて・・・ それまでに感じた事のない何かが、私の中に渦巻いて大きくなるのを感じました。その夜大学の寮に戻り、誰もいないことを確かめると、 夢から覚めるのを恐れるかのように、 続きの冒険に乗り出すかのように、 紙(便箋用紙)を一枚取り出し、描き始めました。 20歳の頃のことです。

絵を続けて十数年が過ぎました。 今でも描き続けているのは、 新しい一枚が出てくる度に、 あの時と同じ感動を味わうからです。 こんなことって、他にはないです。 だからきっと、私は一生描くでしょう。


日本・ネパール文化交流倶楽部公式サイト    

当サイトでは、日本・ネパール文化交流倶楽部を応援しています。

フューチャーフラワー基金・震災復興支援にご協力下さい。

Follow me on Instagram!

インスタグラムでお気軽にフォローして下さい:)

 

 

UPDATES

 

2020. 5.14. iichiオンラインショップからも『クサボケちゃん』が購入できるようになりました。

 

3.6. 『クサボケちゃん』がプレスリリースされました!

"Kusaboke-chan" is press-released!

https://miraipub.jp/books/2487/ 

 

3.6. Contactより『クサボケちゃん』がご注文いただけます。

You can order "Kusaboke-chan" from Contact