先人か方程式か Being led by...

3月発売の絵本「クサボケちゃん」のための作画全56ページ分が終了するころには、もうこれ以上絞っても一滴も出ませんというくらいに能力の限りを尽くしたと思いました。下手含め、それが今の私の最善だと言うしかないのです。

 

お気づきになった方がいるかわからないのですが、私は今まで肩書きで、アーティストやデザイナーと言うことはあっても、イラストレーターと名乗ったことは一度もないのです。イラストはそれなりに目的があるもののために描くので、少し自由が制限されるし、その上で自分のスタイルを持つというのは、今はまだ想像できないレベルの話です。それでも「クサボケちゃん」に関してはイメージも思い入れもありすぎましたし、人にお願いするほどの資金など当然ありませんでしたので、もちろん自分でやることにしました。

 

やってみてつくづく思ったのは、イラストレーターさんはすごい!ということ。本一冊でようやく一つの作品なので、一ページうまくいって満足している場合ではないのです。もちろんイラストはデジタルでやる方法もありますが、今回は全部手描きだったので、ずっとうまく描けていたのに、こここうしなきゃよかった!とか全然あるわけです。何度「コマンド+Z(戻る)」のショートカットキーを押したいと思ったことか・・・!代わりに新しい紙を引っ張り出して、気合を入れて一から描き始めるわけです。イラストレーターさん、心から尊敬します。

 

でもそういえば、デザインをやりたての頃、デザイナーなんてとても名乗れない自分がいました。今はある意味一番向いてるかもと思う瞬間もあるのですが・・・。だから続けていれば、いつかイラストレーターも、自信を持って名乗れるようになるのかなって、ほんのりと願ったりしています。

 

***

 

「クサボケちゃん」を描きながら、改めて気づいたことがありました。

それは、私自身も知らぬうちに、様々な先人の影響をこれほどまでにも受けていたのか!ということ。

 

例えばクサボケちゃんというキャラクター。3頭身のバランスや目の大きさ、パーツの位置などは紛れもなく、手塚治虫や藤子不二雄、ディズニーやキティちゃん、奈良美智さんなんかに影響を受けているのです。クサボケちゃんがこのような様相になるまでに、淘汰されてきた段階があるのですが、最終的に落ち着いたところを眺めて見る限り、もしかしたら黄金比のような暗黙の方程式に導かれ、必然的にそうなったのではという気すらしてきます。上記の先人たちの作品を、好んで熱心に見ていたこともあれば、なんとなく眺めていただけのこともあるけれど、やはりキャラクター(例えばゆるキャラなど)があのようなバランスなのは、何か完成形としてすでに出されている答えだからなのではと思ったりしました。そういえばミッフィーちゃんもアンパンマンも、最初はもっと背丈があったけど、だんだんと頭の大きい今の形になっていることに気がつきます。

 

イラストレーターとして個性を追求するならば、違うバランスを見つけてそれでも魅力的と思えるところにたどり着きたいのですが、なんだか自然な流れで、クサボケちゃんは今のような様相に落ち着きました。そう考えると、なんとなく当たり前に見ているものは、それなりに意味があって、それが自然と人々に好まれて、その形をしているのかもしれないなと、そんなことを感じながら、作画に向かった1ヶ月半でした!

 

 

Last weekend, I finally turned in all of my illustrations for my first picture book: "Kusaboke-chan" worth 56-pages long. Honestly, I can say I did my best for this moment, including the pages which doesn't look as well! 

 

I might call myself as an artist or designer, but I've never called myself an illustrator. Illustration (especially for a picture book) is not just a piece of work get done and be happy, but a collection of works getting done to be a piece of work called: a book. Especially because I decided to do hand-drawings for "Kusaboke-chan," there were many, many moments where I wished to press shortcut keys for "undo," but instead took out a brand-new piece of paper and started everything all over again! ...So for all these experiences, I truly respect illustrators more than ever...!

 

Also this time, I had a fun realization about myself that I was both consciously and unconsciously affected by the artists who lived (and are living) before me, such as Tezuka Osamu, Fujiko Fujio, and so on.

 

For example, my main character, Kusaboke-chan. Her big head and big eyes, the locations of her facial parts... I couldn't deny the influences by "Astro Boy" (Tezuka Osamu) or Hello Kitty, Disney characters or works by Nara Yoshitomo.

As I refined my character, the shape and its balance naturally came down to how she is now, and I almost feel that it was the solved problem as something always preferred by people whether consciously or unconsciously. Maybe it has something to do with the golden ratio...?

 

So, as an undeveloped illustrator, I wish to find a different balance from such a"golden" balance and find my original, but for this piece of work, I guess this was the answer.

 

チャームポイントは3本まつげ! The three long eyelashes are her charm! 「クサボケちゃん」"Kusaboke-chan" 2020 ©︎ Hanae Tanazawa
チャームポイントは3本まつげ! The three long eyelashes are her charm! 「クサボケちゃん」"Kusaboke-chan" 2020 ©︎ Hanae Tanazawa
名脇役たち!(?) My favorite supporting characters!  「クサボケちゃん」"Kusaboke-chan" 2020 ©︎ Hanae Tanazawa
名脇役たち!(?) My favorite supporting characters! 「クサボケちゃん」"Kusaboke-chan" 2020 ©︎ Hanae Tanazawa

2020 UPDATES

 

5.14. iichiオンラインショップからもクサボケちゃんが購入できるようになりました!

 

3.6. 『クサボケちゃん』がプレスリリースされました!

"Kusaboke-chan" is press-released!

https://miraipub.jp/books/2487/ 

 

3.6. Contactより『クサボケちゃん』がご注文いただけます。

You can order "Kusaboke-chan" from Contact

 

1.1. HAPPY NEW YEAR!

 

絵本『クサボケちゃん』がみらいパブリッシングより3月17日出版予定です!

 

My first picturebook "Kusaboke-chan" will be published on March 17th from Mirai Publishing!

 

 

Follow me on Instagram!

インスタグラムでお気軽にフォローして下さい:)