自然栽培に学ぶ A Lesson from the Nature Farming

Untitled 2019 ©︎ Hanae Tanazawa
Untitled 2019 ©︎ Hanae Tanazawa

 

さて、インスタで宣言してしまったので、ブログ更新を頑張ろうと思います。笑

 

たまに〜お手伝いさせてもらう伴さんという自然栽培の農家さんがいるのですが、先日もスイカの種まきに呼ばれて行ってきました。

 

伴さんはNPOとして他で農業をしながら、ご自身でも自然栽培で畑をやってるのですが、実験的に色々と試みていて興味深いです。

 

何年も前話題になった木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」を読んで、映画も見て、自然栽培はとても興味があったので、お仕事手伝いながらちょっとずつ教えてもらっています。

 

 

左が伴さんの畑。雑草がいっぱい。So much weeds on Ban-san's field (left)
左が伴さんの畑。雑草がいっぱい。So much weeds on Ban-san's field (left)

 

初めて行った時はびっくりしました。

 

どこが畑かわからないんです。

草がボーボーで、うっかりすると栽培中のお野菜を踏んでしまいそうになります。

 

昨年はそのうっかりで、スイカのベビーたちを何個か、私も伴さんも(←笑)ダメにしてしまいました。共同農地を区画分けして色んな方が耕しているので、お隣さんがいわゆる「ザ・畑」のような整理された農業をやっている中で、荒くれ畑(失礼)で農業を続ける伴さんのハートの強さにも学ばされるものがあります。笑 とはいえ最近はマルチ(黒いビニールシート)なんかも使いながら、柔軟にやっているようです。

 

伴さんも月一更新だそうですがブログをやっていて、オリジナルの4コマ付きで面白いので、よければ読んでみてくださいね。野生農園ザ・ばん (スイカキャラは奥さんかな?)

ブログの印象よりも(?)話し方もゆっくりで穏やかな雰囲気の方です。

 

白くて可憐なだいこんの花。種を収穫するために残されたもの。The white, Daikon flower is for collecting seeds.
白くて可憐なだいこんの花。種を収穫するために残されたもの。The white, Daikon flower is for collecting seeds.

 私はどちらかというと植物にエネルギーを与えるよりも吸い取るタイプな気がしていて(世の中に2種類いるとかいないとか!)、私が植えた種だけ芽生えなかったらどうしようと内心心配しながら、スイカの種を蒔いてきました。

 

 

土の匂いを嗅ぎながら、背中に太陽を感じながら、時折顔を上げて新緑の愛らしい山々を眺めたりすると、こんな贅沢ってあるだろうかと思ったりします。時々吹く風が本当に気持ち良くて。

 

 

いくつかのお野菜は、次の種を収穫するために残されていたりします。

今回はだいこんが白くて愛らしいお花を咲かせていました。

種のために花を残すことって、ちょっと未来を感じることですね。

 

以前別のところのブログで、私の生存方法は種まき戦略だなんて表現したことがありました。

実はこの時の予感は当たったみたいで、今年、『クサボケちゃん』が生まれました。

 

今年に入り、世界が急に秒針よりも太陽の軌道で時間を感じやすくなった今、改めて未来にどんな種を蒔きたいのかと考えてみたりします。

 

でも実は、一瞬も悩まないくらい、私のやりたいことはビフォアもアフターも変わらないことに気づき、伴さんのように隣の畑と比べることなく、親しく涼しく挨拶を交わしながら、私自身は、書くこと、描くこと、作ることを続けることだなと思ったりしています。

 

そういう訳で、このブログをもうちょっと頑張って、書くことにしました!

 

 

OK, so I decided to write my blogs more often. This is something I knew I should, and something Ban-san, a close farmer who tries the nature farming, suggested me on doing. 

I sometimes go and help Ban-san's field because there's a lot to learn from him. Last Sunday, I was there to help him plant the watermelon seeds. 

 

What's interesting about nature farming is that they don't pull off all the weeds but grows their product as naturally as possible. So for watering, Ban-san only rely on the natural rains. Often times, his experiments (as he calls) fail, but whenever the things work together, his vegetables grow so strong and the taste is so SO good!! I'm often amazed how the nature really does work on its own. 

 

Ban-san's field is a part of the shared field, so different farmers do different things next to each other. Ban-san's field looks the wildest when others' are so well maintained. But I like how Ban-san keeps his style regardless of how others are doing (and still maintaining friendly relationship with people). 

 

Now for many people, the days are counted by the sun's orbit, not so much by the second hand like before. I feel more natural and honest with myself, and am more certain about how I really like to be.

 

The farmers keep planting seeds. Everyone has seeds to plant on their own.

Mine needs more practices like writing, drawing and making artworks.

So I just keep on practicing what I am supposed to do, which is why I decided to put more effort on this blog ;)

 

 

2020 UPDATES

 

5.14. iichiオンラインショップからもクサボケちゃんが購入できるようになりました!

 

3.6. 『クサボケちゃん』がプレスリリースされました!

"Kusaboke-chan" is press-released!

https://miraipub.jp/books/2487/ 

 

3.6. Contactより『クサボケちゃん』がご注文いただけます。

You can order "Kusaboke-chan" from Contact

 

1.1. HAPPY NEW YEAR!

 

絵本『クサボケちゃん』がみらいパブリッシングより3月17日出版予定です!

 

My first picturebook "Kusaboke-chan" will be published on March 17th from Mirai Publishing!

 

 

Follow me on Instagram!

インスタグラムでお気軽にフォローして下さい:)