腐るものと、腐らないもの Some things expire, some don't

4月16日は両親の結婚記念日で、私は例年おめでとうをいう以外何もしないのだけど(←苦笑。親の結婚は親が勝手にしたことだしな〜って非常にドライな娘。スミマセン)、そんなこんなで両親が山梨で割と大手のスーパー、OGINO(笑)でとっても美しい薔薇を買ったと喜んで帰ってきた。しっかりと質量のある花びらは柔らかなベルベットの質感で、見るからに1本300円くらいはしそうな見事な薔薇たちが、なんと10本で500円だったとご満悦!それはそれは、私でも、何もなくても買っていたかもって思ったくらい・・・。

 

でも考えてみれば皮肉なことで、おそらくコロナの影響で卒業式や入学式、結婚式など諸々のイベントが中止になり、行き場を失った花たちがこうやって捨て値で一般庶民の手元に回ってきたのだろうと思う。廃棄されるよりマシとは言え、丹精込めて作った農家さんの気持ちを思うといたたまれない。

 

先日はニュースで、養殖して食べ頃になったお魚の出荷先が営業停止でどこにも出せないと嘆く業者さんが出ていた。苦肉の策として、一般家庭の食卓に冷凍配送するなどして買ってもらっていると話していたけど、それでも全てが旬のうちに消費されるとは思えない。

 

旬を過ぎて肥え過ぎたお魚さんたちは、それでも網上げされて、地表のどこかで腐って死んでいくのだろうか。それとも突然大海に放たれ、また別の人生(魚生)を与えられるのか。魚の本能としては嬉しいとしても、卵のときから養殖されて育ったお魚さんたちは、或る日突然大海に投げ出されそれはそれで苦難多き余生を強いられるではないか・・・ってそこまで考えるのは心配のし過ぎ、にしても。

 

 

そういうわけで、4月16日から我が家のダイニングで鑑賞されるようになった10本の薔薇たち。毎日綺麗だな〜って思って眺めていたけど、12日も過ぎた4月28日になり初めて、「あ、今絵にしたい」って何かに突き動かされた。花としては少し開き気味で、多少朽ちかけたものも出てきたこのタイミング。でも、絵を描くっていう目的には、どうやらこの日が「旬」だったらしい。

 

本当は油彩やアクリル絵の具なんかで描きたかったけど、私はあまり得意ではないし、そもそも持ってない。それなりに表現できそうなものとして、パステルを広げて描き出した。

 

作品としては大して上出来とも言えない仕上がりだけど、野球選手でいうところの素振りみたいな気分で、その日も一枚絵が描けて嬉しかった。

 

 

旬があるっていい。

その時にやらないとできないと思うと、体たらくな私でも時間を無駄にできないと思う。

でも哀しいかな。

旬があるからこそ、全てが無駄になるってこともある。

薔薇やお魚さんたちのように。それらを育ててきた生産者たちの、労力や愛情のように。

 

 

私は今、未だ買ってもらえていない絵本という在庫を抱えている。本当は今の時期にもっと色々動きたかったのに・・・。「デビューしたて」っていう旬はもうすぐにも過ぎてしまうけど、私の作品の中身は、いつまでも鮮度を保てるものになっているだろうか?悔しい思いも当然あるが、「腐るものじゃないから」と自分を励まし、旬なものたちと対峙して絵を描いたりしている。

 

 

結婚記念日おめでとう。母の日もおめでとう!Happy Anniversary & Happy Mother's Day 2020 ©︎ Hanae Tanazawa
結婚記念日おめでとう。母の日もおめでとう!Happy Anniversary & Happy Mother's Day 2020 ©︎ Hanae Tanazawa

April 16th is my parents' wedding anniversary. I have to confess that I'm pretty dry on that matter and I don't do anything other than saying "congratulations" to them (I'm sorry but they decided to do it without me :p).

 

Anyways, so for that day, my parents lucky grabbed a gorgeous bouquet of 10 red roses for only 500 yen (about 5 dollars) at a local supermarket!! Normally, these roses can be priced around 300 yen each, so this was quite a lucky buy.

But soon I noticed that it's because of the situation caused by Coronavirus, where many events in this season were canceled. It's sad when I think about the farmers who grew these flowers.

 

The other day, I also saw a person who culture fish mainly for restaurants. But now, because all the restaurants were closed, those fish had no place to go. Some seemed to go to general households, but I guessed many were tossed or released to the unknown wild ocean.

 

***

 

Back to the roses. So we had these lovely roses for some days at our dining room. I adored these roses everyday, but only on the 28th of April, I got the impulse to draw them on a piece of paper. As a work, the outcome wasn't that great, but I was happy that I could do some drawing on that day. 

 

I was thinking about the "seasons" for these roses and fish. Sometimes it's good to have seasons, because it urges you to do something without wasting a second. Other times, however, it really can waste everything.

 

I have stocks of my picture books that I have to sell on my own. I am sorry that I cannot do much to promote at this time, but I feel I should still thank for the fact that my books don't expire or get rotten like those fresh things. Maybe selling is harder, but I hope the contents remain fresh for  some good time...

 

 

 

 

2020 UPDATES

 

5.14. iichiオンラインショップからもクサボケちゃんが購入できるようになりました!

 

3.6. 『クサボケちゃん』がプレスリリースされました!

"Kusaboke-chan" is press-released!

https://miraipub.jp/books/2487/ 

 

3.6. Contactより『クサボケちゃん』がご注文いただけます。

You can order "Kusaboke-chan" from Contact

 

1.1. HAPPY NEW YEAR!

 

絵本『クサボケちゃん』がみらいパブリッシングより3月17日出版予定です!

 

My first picturebook "Kusaboke-chan" will be published on March 17th from Mirai Publishing!

 

 

Follow me on Instagram!

インスタグラムでお気軽にフォローして下さい:)